CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
ブログランキング
MOBILE
qrcode
<< 元気になりました^^ | main | 久しぶりの更新なのに(^^;) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
鳥さんの腸ヘルニアのお話
JUGEMテーマ:オカメインコ
JUGEMテーマ:鳥が好き!

朝からぽかぽか陽気の石川^^
今日は洗濯物もサンルームに干せました♪
お天気が悪くて太陽が出てないと、サンルームの気温も上がらなくて
だから、サンルームに洗濯物を干しても湿気が篭るだけなんですよね
冬の洗濯物がなかなか乾かないのが、雪国に住む人の悩みですねw

今日はいつもブログにコメントを頂く
長野りえさんのおうちのセキセイさんのお話です。

一部割愛させていただいてますが
りーちゃんの了承を経て、コメントをそのまま引用させていただきましたm(__)m

セキセイのジジがヘルニアを患い、投薬治療を続けているのですが、食事制限や環境改善などでもなかなか回復せず手術に踏み切ろうか検討中です…。

原因は過度の発情だそうで、そういえばしばらく卵を産み続けていたのも兆候だったのかと。

太り過ぎなわけでもなく、玩具も入れず、オカメのようにベタベタするでもなく、余り発情を誘発するようなことはしていないのに何がいけなかったって、答えは「餌」だそうで(T-T)

セキセイの1日に必要な餌の量は5g以下ですが、ついつい餌箱には常に満腹になるくらいの量が入っていたことが原因だそうです。

好きな時に好きなだけ…と与えてしまっていたのがいけなかったんですね(T-T)


結果、太るまで食べはしないものの、いつでも産卵準備OKな状態を保ってしまっていたのでした…。


鳥のヘルニアって重度にならない限りは元気なんだけど、腸が絡まったりすると急に落鳥…なんてことになりかねないらしく、さほど難しい手術ではないので早く治したいなら手術、と言われましたが投薬の方が安心とのことでここしばらく投薬治療を続けていました。

おかげで悪化する様子はないのですが、目に見えて良くなっている様子もありません。


手術した場合の落鳥率はその病院では5%以下だそうですが、はたして何羽治療したうちの5%なのか…(∋_∈)


じじちゃん、生後3,4年ぐらいかな・・・
最初は男の子だと思っていたんだそうです。
ある時、徐々に元気が無くなり、原因も不明
一時は命も危ういかと思ったほどだったのに
突然、卵を産んでびっくり!(゜∀゜)
で、卵を産んだらすっきり元気になったそうで^^;
でも、その後は無精卵をたくさん産む日も続いたようで
結果、こうなったようです。

鳥さんにも腸ヘルニアがあるなんて
私も初めて知りました。
セキセイさんの小さな身体に手術は心配ですよね
じじちゃんが、もし、手術になった時の成功を祈るのみです。

動物病院の先生や、他に長年、鳥を飼ってる方も言っていたのですが
そして私自身も、ここで何度か言った事があるのですが

鳥さんは粗食のほうが良い・・・

なるほど、うなずるけ気がします。
飼ってる可愛い子に粗食って…
あなたいったい何考えてるの?なんていわれるかも知れませんが

人間も美味しい物がたくさんあって
時代の流れで、ペット達にも同じように美味しい物を…
なんて、流れになってきて
美味しい物は、やはりカロリーも高かったり
だから、現代社会は肥満で悩む人も多くなって
それがペットにも反映されて
わんちゃんや猫ちゃんには去勢という方法が見つかっていても
鳥さんには、まだそういうことは見つかってなくて

だから、栄養状態がよければ身体はいつでも準備万端な状態わけですから
発情過多も仕方がないことなんですね・・・

もちろん、バランスの良い食事は大切ですよ
それは、ペットを飼ってる私達が1番気をつけなくてはいけないことですからね
でも、そういうこともあるという事をこれをきっかけに頭に入れておきたいですね
りーちゃんの貴重な情報を皆さんに知っていただきたくて
今回、記事にさせて頂きました。
皆さんも参考にしていただければ幸いです^^

りーちゃん、ありがとうございますねm(__)m


みんなで作る鳥の楽園とりっち 人気ブログランキングへにほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへにほんブログ村 鳥ブログ 大型インコへ

| 鳥さん | 11:06 | comments(7) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 11:06 | - | - | pookmark |
コメント
りえさん宅のジジちゃん...
心配ですね(;_;)鳥さんが病気になると
どうしても、なんとかしてあげたくなる気持ち
本当によくわかります。

私の実家では30年以上も前からセキセイを飼っており
今まで20羽(現在4羽)くらい育てています。
ですが、ブリーダーさんの様に徹底した管理をしている訳ではなく、餌は近くのホームセンターで買ってきて、シード以外は、毎日の青菜とカルシウムだけ...サプリ等は与えた事はないと思います。
保温も病気以外はした事がありません。
いつも世話をしている母に、あれもこれも与えてみたら?
と言っても、皆元気だからいいよ〜^^と言った感じです。

それでも、私があまり口出し出来ないのは
皆、すごく病気知らずで長生きなんです。
10年以上の子がほとんどで13年の子が2羽
16年の子も1羽いました。
だから、母様の言う(粗食)というのは本当なんだなぁと
実感しています。(私は色々あげてしまってますが(>_<))

いままで育てた子の中に過発情、多産卵の子はやはり何羽かいて、多産卵でヘルニアになった子も2羽いましたが
当時、通っていた病院は、鳥にあまり詳しくなかったのか、多産卵では仕方ないから
発情させないようアドバイスを頂いただけで
手術の話もありませんでした。
たまたま、その子達は5歳くらいになると産卵しなくなり
ヘルニアも大きくも小さくもならずに11才くらいまで
元気でした。でも、もしその時に手術の話が出ていたら
今のりえさんの様に迷ってしまったと思います。

多産卵の原因は栄養や保温、色々と言われていますが
私は、個体差のような気がします。
沢山食べてぽっちゃりさんでも大丈夫だったり
痩せ気味なのに多産卵だったり...
多産卵の子は、暗い時間を長くしたり、軽いストレスを与えたりと、何をしても産んでしまうし(;_;)

りえさんは、餌を食べ放題にしていたと言っていますが
昔から、鳥さんの餌というのは、大勢の方が常に食べられる状態にしてると思います。

セキセイさんの発情に関しては本当に難しいのでしょうね。

早くジジちゃんに合った発情制御がみつかればいいですね!
| まりこ | 2013/03/19 12:42 PM |
よっちゃん、まりこさん、ありがとうございますm(_ _)m


ヘルニアっておなか(おしり?)がぽっこり膨れてしまってまるで臨月の妊婦さんのおなかの様で、最初はまた卵かな?と思ったのですが、産む気配はないしどんどん大きくなるし焦りました(つд`)

すこぶる元気なのに…(´д`)

ジジはとにかくどんな状況でも発情してしまうようで私が餌やりの為にそばに寄っただけで、黒目を小さくして海老ぞりのような格好で「ブブーッブビッ」と鼻を鳴らすような声で発情…(ーー;)

床もフラットにはせず糞切り網の下に新聞紙を敷いていますが、器用なことにそこから引っ張り出してシュレッダーする始末…(_ _)

どうしたら良いものやら…(∋_∈)

これじゃ一生発情を抑える薬を飲み続けなきゃいけないんじゃ…と思っていましたが、まりこさんのコメントを拝見して自然に治まった例もあるんだということを知り、少し安心しました(´ω`)

なんにしてもただ可愛い可愛いだけじゃいけないということを再確認。


生き物の自由を奪い、愛でるために犠牲にする責任は重いですね。

ペットとしての一生を強いるわけですから…

それでも相手もこちらと同じように必要としてくれていると思うと幸せですね(^-^)

話が反れましたが(´Д`)
| 長野りえ | 2013/03/20 12:43 AM |
りえさん^^

黒目を小さくして...ホントそうですよね〜

でも鳥さんも人間と同じ
死ぬまで元気!なんて強者はいません^^;
5.6才の中年に差し掛かってくると
心は好き好き^^だけど身体がついていかない...^^;
な〜んて感じになりますよ〜
うちにいた子達で言うと
やはり3.4才までが1番、発情過多や流血事件が多かったと思います。

でもヘルニアがどんどん大きくなると心配ですね
お医者様とよく相談なさって下さいね。

そうそう...りえさん!
海外での修行^^; お疲れ様でした〜(≧&≦)
更にパワーアップしたりえさん
楽しみで〜す^^
| まりこ | 2013/03/20 10:23 AM |
>まり子様ww


おはようございます^^
お返事遅れてごめんなさい(><)

そうなんですよね・・・
鳥さんの餌箱って、常に餌がたくさん入っていて
食べたい時に食べたいだけ・・・が普通なんですよね
だから、最近になって、小鳥のお医者様もメジャーになって
そういう風に言われても、やっぱりなんだかぴんと来ないんですよね
そう考えると、同じように飼ってても個体差なのだろうなって思ってしまいますよね
本当に難しい事ですね
なんとか、じじちゃんの発情や多産卵が治まると良いですね
私も何か良い情報を聞いたら、また皆さんにお知らせしますね^^
まり子様、お母様はその後、お元気ですか?
今はもう、セキセイさんの繁殖はしておいでないのかな〜〜^^

>長野りえ様w

お返事遅れてごめんなさい。
じじちゃんの事、記事にさせてもらってありがとうございますねm(__)m
文章のまとめ方が悪くて、もし、気に障った所があったらお知らせくださいね。
じじちゃんはその後どうですか?
発情が治まって、早く元気になってくれたら良いですね。
ほんと、生き物をペットにするということは大変だし、難しいし責任がありますね。
でも、やっぱり私達はその愛くるしさに惹かれて彼らを飼う事を止められないんでしょうね^^;
でもね、そういう環境を楽しんでいる彼らもいるし、
その環境しか彼らは知らないのですから
私達は彼らに精一杯、愛情を注ぐ事が勤めなのでしょうね
そうして、時々、困難にぶつかって
飼う事の意味を考えさせら、責任を感じるのでしょうね
困難にぶつかる事は決して悪い事ではないとちょっと、ポジティブに考えてみるのも、また1つの流儀だったりしてねw
| 母 | 2013/03/21 11:28 AM |
こんばんわ、お久しぶりですm(−−)m
今、お仕事から帰ってきました☆

大切なぴーたちの病気は辛いものですね、、、TーT
ヘルニアは始めて聞きました、、、
犬では聞きましたが、鳥達にもあるのですね?!

うちも、ご飯は常にたくさん置いてます。
卵は今のところ収まってますが、おかめのキャメが怪しい行動をし始めました(−−;)

詰まらない様に,体力を落とさないようにと見てきましたが、まだまだ知らないことがいっぱいです。

じじちゃん、うちの子達と同じお年頃です。
良くなります様にm(−−)m
| ぴーママ | 2013/03/21 9:33 PM |
連投すみません(∋_∈)


よっちゃん、気に障るだなんてとんでもないです(´ω`)

皆さんにはあまり知られていなかったようで、広く認知して頂けて少しでも鳥さんたちが長生きできるお手伝いが出来ると思うと光栄です♪

責任重大ですよね〜(*´д`*)

でも私も、幾度となく壁や別れを経験してもまた生き物をお迎えするのは、それ以上のものがあるからなんでしょうね(*^^*)

まりこ様、ぴーママ様、ご心配おかけしてすみません(つд`)

ぴーママ様のお宅の鳥さんも同じ位とのこと、お互い気をつけてあげたいですね(*^^*)

皆様色々とありがとうございますm(_ _)m
| 長野りえ | 2013/03/22 1:54 AM |
>ぴーママ様w

お疲れ様です^^
お帰りなさいませww
ぴーママ様もあまりご無理なさいませんようにねm(__)m

ほんと、私も鳥さんのヘルニアには驚きました。
生き物の身体のつくりは人間もほとんど同じですからね
症状は少しずつ違っても病気も同じ物があるのですね
また1つ勉強になりましたね。
こうして、お友達と情報を分け合って
知識が増えていって、少しでも身になっていったら嬉しいですねw

餌だって、鳥さんの場合は常に入ってる状況はどこもほとんど同じですよね
それを今更変えようとしたら、また心配事が増える気がしたり^^;
生き物を飼うって、きっと試行錯誤の連続なんでしょうね
でも、そうできる事がまた幸せだななんて思ったりもするのですよね^^
春ですね・・・
無精卵を生むお子を持つ飼い主さんには頭の痛い時期ですね・・・
でも、卵を産まなくなる年齢も来るようですから
あと少しの辛抱と思って気長に付き合ってあげてくださいね
カルシウムの補給、忘れずにして上げて下さいね^^


>長野りえ様w

連コメw
いくらでもOKですよ〜〜^^
今回の記事では本当にありがとうございましたm(__)m
卵を産むと言う、本来なら自然の行為がこんなにもたくさんの病気に繋がるなんて最初の頃は思ってもみませんでしたよね
本当に、少しでも皆さんのお役に立てたら良いですね^^

何度別れを経験しても、生きてる頃は楽しい事がたくさんあって
亡くなっても尚、その思い出は変わることなく残り・・・
きっとそれが、素敵な事なんでしょうね^^
生き物万歳ですよね^^


| 母 | 2013/03/22 11:24 AM |
コメントする