CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
ブログランキング
MOBILE
qrcode
<< 本日もきのこネタww | main | レンコンのキンピラw >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
爪切りのお話しw
JUGEMテーマ:オカメインコ 
JUGEMテーマ:鳥が好き!

昨日の写真ですがww


お料理の下ごしらえの時に出た人参の皮をもらってご機嫌な桃てぃんです^^


嘴にいっぱいくっつけてww


夢中になって食べてます^^


[高画質で再生]

ニンジンwおいし♪ [携帯ホームページ]

動画も一緒に録りました^^
食べ終わった後に、嘴の周りをぺろっと器用に舌で舐めて綺麗にするのですがww
今回は録れませんでした^^;

そうそうww
今日の題名の爪切りのお話ww

昨日は桃の爪切りをしました^^
朝は気が向かないと籠から出てこないのですがw
(逆に夜は一目散に飛び出してきます^^;)
昨日はのんびり外の様子を伺いながら籠から出てきて私の肩へ^^

そのまま一緒に台所で洗い物をしたり^^
おかめ達の餌替えにも付き合ったり♪
いっこうに肩からおりる気配もなく、
私の肩の上で私のすることを見ながら、頭を撫でてもらったりww
仕方がないのでそのまま二階に連れて行って洗濯物も干したり^^;

洗濯物を干している時は、私の椅子に止まって待っててくれたのですがww
ふと、他のブログで見かけた爪切り方法が頭に浮かびw

その方は、おかめさんをGパンを穿いた膝の上に乗せて
Gパンに食い込んだ爪の部分をほんの少しだけ切るという方法で切っておいでるようでw

ふと、椅子の背もたれをつかんでいる桃の爪先を見て 
これだw と思い、はさみを取り出しww

そしたらねww 嫌がって怒るかと思った桃が
本当にご機嫌が良かったのかww
切らせてくれたんですよ^^ぱちんぱちんとねw
足を触られる感触がくすぐったかったのか、
時々、脚をもじもじさせたり、甘噛みしたりしてきましたが、
怒って噛み付くこともなくwwくすぐったくて向きを変えると、逆に裏側の爪も切れたりして^^
グッドタイミンぐだったわけです♪

私の行ってる動物病院の先生とはもう15年ほどのお付き合いになるのですが
診立てが良くて、とても評判の良い先生です。

爪切りに関しては、
本来、鳥は爪を切らなくてもよいもの!という考えで
爪を切らなくてはいけないほど爪が伸びる子は肝臓に障害があるかもしれない…
という事を常々おっしゃるのですが…

実際問題、飼い主としては爪の先が肌にあたって痛かったりするとね…
爪切りは必要かな…と思う分けですよね…
特に桃のような大型の鳥が肩の乗ると
爪が食い込んで痛いんです…

今回、桃は大人しく爪を切らせてくれましたが
実は桃が我が家に来て8年、初めての体験だたんです。
ご機嫌が悪くて切らせてくれなかったりとかね…

そうすると、頼るべきところは、やはり動物病院の先生で…
でも、今の動物病院の先生はそういう考えかただし…
あとね…失礼な言い方かもしれないけど、実際に鳥を飼った経験も少ないから
爪切りの必要性とかも分かりづらいのかな…と思う面もあったりしてね…

先日、里子に行ったみるちゃんが無精卵を産んでしまいまして…
初卵があまりに大きな卵ちゃんだったのと、
里親のじんこ様も、初めての体験だったので、
驚いて、急遽、近くの私が行ってる病院とは別の動物病院で診ていただいたのですが

新しい病院ながら、なかなか鳥に詳しい先生らしく…
一度相談してみるのもひとつの方法かな…
なんて、思ってる今日この頃です。

でも、きっとこれって贅沢な悩みなんだな…
私が鳥を飼い始めた頃は、犬猫の動物病院さえ珍しく
鳥なんて診てくれるところもなく…
15年目にやっと見つけた鳥の先生…
それが今では選べるようになったなんて…

他のブログで見つけた動物病院も
その方が訪ねると、待合室は鳥篭を持った方でいっぱいだったとw
鳥好きには嬉しいことですよねw
なかなか鳥専門の病院に巡り会えない方も多いとは思うのですけどね…

もちろん、鳥は小さな生き物ですから
体調を悪くしたら、目が離せないということを
頭には叩き込んでおかなくてはいけませんけどね…

なんだか、爪切りの話しからえらく飛躍してしまったかな…
読んで下さった皆さんの参考にして下さいm(__)m

あwちなみに、爪の先から1ミリ程内側は、すでに血管が届いているそうです。
切ってしまえば、血管はまた内側に後退していきますから
爪切りをする時は、ほんの少しだけを繰り返しながら気長にです。
くれくれも深爪だけはしないよう注意ですww
爪切りで大出血…小さな鳥さんには命にも係わってきますからね。



みんなで作る鳥の楽園とりっち 人気ブログランキングへにほんブログ村 鳥ブログ オカメインコへにほんブログ村 鳥ブログ 大型インコへ



| | 10:21 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 10:21 | - | - | pookmark |
コメント
人参まみれのその嘴、どうするのかなと思ったら舐めとるんですね!
なんて賢い(*≧m≦*)

爪はイッタぁぁぁ〜〜いですよね(´Д`)
小さなセキセイですら彼らが歩き回った後の肌はみみず腫になるってのに桃てぃんともなると…(・_・)
軽く凶器ですねw
切りたい気持ちがわかります(´ω`)
| 長野 りえ | 2012/07/03 6:12 PM |
>長野りえ様ww

おはようございます^^

桃てぃんw
脚の指を使ってくちばしを挟んでこそぎ取った後で
不二家のペコちゃんのように「ペロッ」と舌を出して舐めてきれいにしてます^^
見てると本当に器用だし賢いな〜〜って思いますよ^^

桃と遊ぶ時は肩の乗せないで膝に乗せることが多いのですが
それでも、痛いし、お風呂の入った時に真っ赤なぶつぶつになってたりして…(><)
それにやっぱり、長の月日で伸びてきてるな…っと目で見ても分かりますからね
健康だといっても、籠の中と自然との環境の違いを考えると伸びるのは仕方が無くて
爪切りは必然なんでしょうね(´ω`)
| 母 | 2012/07/04 7:35 AM |
こんばんわ!
桃ちゃん、美味しそうに、また嬉しそうに人参を食べてますね♪
爪切りは苦手です。。。(−−;)
何回か出血して、怖くてもう切っていません、、、
オカメのラッキーだけ網戸に停まるのでその時に外へ回り、出ている爪だけを切ります。出血はないのですが、ギャッていいます。。。ちょっと怖いです★
| ぴーママ | 2012/07/05 12:09 AM |
こんにちは^^
桃ちゃーん、久しぶり〜^^
人参、おいしそうだね〜^^

爪きり…難しいですよね(>_<)
しかも怖いし、薄着になると痛いし…

ちょっと前まで、あずの爪がとがっていたのか、どこに乗っても痛くて、爪きりた〜い!!って思ってましたが、なかなかうまくいかず、試しにセメントパーチを入れてみたら、ビビッて近寄らず…^^;
それでも、めげずに入れておいたら、ようやく使うようになり、爪も痛くなくなりました!
あんまり期待してなかった分、効果にビックリ!
今は、はるの爪が一番痛いです(ToT)
これを機に、しょうとはるのカゴにもセメントパーチをいれようと思ったりしてます

桃てぃんサイズはあるかわからないけど、あれば効果はあるかも…です^^
| はる | 2012/07/05 9:55 AM |
>ぴーママ様ww

おはようございます^^
桃は野菜の中で人参は2番目に好きだと思います♪
1番好きなのは、ほうれん草です^^
ほうれん草はアクが強いので、あまり良くないかも…
と言われるのですが…
喜んで食べる姿を見るとどうしてもあげたくなってしまって^^;
だめだめな飼い主です(><)
爪切りはどこのおうちでも、本当に大変みたいですよね…
それだけに自然界で生活していれば必要のないことなのかも知れないと、考えさせられてしまいますが…
ペットとして生活していれば、やはり必要だったりして…
難しい事です。
「ぎゃっ」と鳴くのは、やはり少し痛いからかも知れませんね…
もう少し、切る部分を少なくしてはいかがでしょう?
切ったか切らないくらいか…
切れていれば感触でわかりますよねw
切っても知らん顔しているくらいのところを切ってみてはいかがでしょう^^


>はる様ww

お久しぶりです〜〜^^
お元気でしたか??
人参は桃の大好物なんです♪
以前はスライスしたものをあげたりもしてたんですがww
皮を上げてみたら、思いのほか食べやすそうで喜んで美味しそうに食べてくれたので
それからは、皮をあげるようにしてます^^
おかめ達も大好きなんですよ^^

セメントパーチww
あずちゃんに効果絶大だったんですねw
なるほど〜〜♪
そう言えば、以前、桃が使ってたものがおかめ達の遊び場所にあります^^;
もう1回、桃のところに入れてあげよかなww
でも、おかめ達も気に入ってるから、新しいのを買ってきます^^
嬉しい情報、ありがとうございます^^
| 母 | 2012/07/05 11:03 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://hahatomusume.jugem.jp/trackback/1184
トラックバック